FC2ブログ
チョコとお猪口と、ときどき仕事。
初恋の人から
さぁちゃん、元気?



今でも血液型で性格が決まると

思い込んでいますか?

本気で

B型はマイペースだと

言っていたさぁちゃんが

なつかしいです。



泣きじゃくるさぁちゃんが

「好きだけど寂しいから別れる」

と言って

自分から連絡を断った

あの日から、

もう15年が経ったんやなぁ。

月日が流れるのは

早いものです。



あ、そうそう、

手紙を書いたのは

何か理由があるわけじゃ

ないねん。

さぁちゃんに

名前が似てる犬がいて、

ふとなつかしくなったから、

たまには思いついたままに

何か書いてみようと

思っただけ。

ふふ。



今から思うと、

なんだかあのときの付き合いは

おれの一人よがりだったなぁ

という気がします。

さぁちゃんはいろいろと

我慢して溜め込む

タイプだったから、

なかなか

気持ちに気付いてあげられず、

よく泣かせたり

怒らせたりしていた

印象があります。

いつのまにか不機嫌そうな

顔になっていて混乱したことが

何度あったことか・・・。

今では素直に

気持ちを言えるように

なっていますか?



そういえば

さぁちゃんにとっては

初恋だったのかな?

だからか、

付き合う前から慎重で、

いろいろ確認していましたね。

「デート代は割り勘?」

「キスは付き合って

 何ヵ月後の予定?」

とか質問されて、

返答に困ったのを

覚えています。

探りすぎ(笑)



まだラブラブだったころ、

さぁちゃんは

「私たちが別れるなんて

 考えられないね」って

何度も確認するように

言っていましたね。

そのたびに

「う、うん…」

と答えていたけど、

微妙にプレッシャーを

感じていたのを

今でも覚えています。



恋愛を総合的に考えれば、

おれはさぁちゃんと付き合えて

よかったなぁと思います。

いつも不安げで泣き虫な

さぁちゃんと付き合うことで、

自分が強くなるということを

学べたように思えます。



いろいろ書いたけど、

おれはさぁちゃんが

大好きでした。

これからも

さぁちゃんらしさを失わず、

それとせめて毎日

お風呂には入るようにして、

新しい誰かと

幸せになってください。

またいつか会いましょう。

では。


P.S.

「将来いい女になるから

 お買い得だよ」

と言っていましたね。

どうなりましたか?
スポンサーサイト



ピッチピッチチャップチャップランランラン♪
「おつかい行ってきて」と

ご指名いただきまして

席を立った途端、

雨がざんざか。

NEC_2037.jpg


まぁそれでも

仕事中のお散歩は

いい気晴らしなので、

二つ返事で

意気揚々と出かけたら、

雨脚はどんどん

強くなるし、

雷が追い討ちを

かけてくるし。

ご覧のとおり

上着の袖は

びっしょびしょ。

NEC_2038.jpg

おまけにおつかい先は

閉店ガラガラっ!

(ますだおかだの

 岡田さん風に。)



朝の雨が一度上がったので

界隈では、

傘をもたずに

週末のショッピングを

楽しんでいた人も

結構多かったみたいで、

ウチの会社の玄関先とか

高架下には

雨宿りする姿も

ちらりほらり。



「あらあら

 おかわいそうに」

...って、

自分のツキのなさは

棚上げで

なぜかちょっぴり

上から目線で

同情するうち、

雨宿り組が

こぞって

カップルであることに

気づく佐吉。



むしろ幸せそうじゃないか、

ちくせうっ(悲)
佐吉家の朝
今朝起きると、

窓越しに

ずっと雨音が聞こえて

いたので、

さぞやどんより

重たい空模様だと

思っていたら、

外は案外明るい。

「狐の嫁入り」のような

天気雨ではなくて、

たしかに空は

グレー一色だけど、

雨雲の厚みが

そんなになくて、

雲越しに陽の光が

透けているという

ちょっぴり不思議な

空模様でした。



さて。

最近佐吉の朝食は

もっぱらコレ

IMG_3958.jpg

刻々と賞味期限が

迫っているのです。



バターと砂糖の

カタマリなので、

食事としての栄養価は

期待できませんが、

この焼き菓子に

ホットティと

ミニサイズのヨーグルトが

あれば、

なかなかに豪華な

朝食っぷりです。



朝からおやつが食べられるし、

しっかり脳みそに

糖分が補給されるので、

佐吉には大満足なのですが、

不満なのが

食べてる時のBGM。



リビングの隣は

両親の寝室兼仏間に

なってまして。

この和室から聞こえる

読経の声が

佐吉ブレックファーストの

BGMなのです(涙)

洋菓子と「なぁむぅ?」が

合うわけがないっ!

お経には、

なんだか急に

味覚をモノクロ化?

ワビサビ化?

とでも言いましょうか、

クッキーやケーキの

甘さを半減させる

魔力を持っているのです。



佐吉の父上は

毎朝晩、仏壇に向かって

お経を上げるのが

日課でして。

平日は、佐吉がまだ

寝ている時分に済ませて

早々と出勤するのですが、

週末は、ちょうど

佐吉の朝の身支度と

時間帯がかぶるんです。



低?い声で、ぼそぼそと。

ときどき

「チーンっ」という

鐘の音を交えながら。



1日たりとも

欠かさない点は

すんばらしいですが、

決して信心深いわけでは

ないことを

佐吉は知っています。

読経には

おおむね30分を

要するのですが、

その間父上は

ネットサーフィン

してますからね。

わざわざ襖を開けて

覗いたことはないですが

読経に混じって

さかんに

マウスクリックの音が

カチカチ聞こえますもん。

リビングに置いている

ルーターの

データ通信を示すランプも

大忙しで

不規則な点滅を

繰り返してますから

まず間違いない。



佐吉は父上に物申す!

お経は、

ちゃんと正座して、

仏様に向かって

上げてこそでしょうが!

PCのモニタに

合掌したところで

何のご利益も

なかろうもんっ!!

そんな形骸化した

読経で

佐吉の朝の

ささやかな甘い幸せを

奪わないでほしいですっ(怒)

うん。



ちなみに佐吉は

無神論者というほど

大層なものでも

ないですが、

格別な信仰心は

持ち合わせておりません。



学生時代は

大学がカトリック系

だったので

学内のチャペルで行われる

礼拝に参加していたし、

(祈りより居眠りでしたが)

流れ星が流れれば

その星に向かって

願い事を言おうとして

舌を噛むし、

困ったときは

神と名のつく

八百万(やおよろず)の

皆様に向かって

「なんとかしてちょ☆」と

お願いしてみるし、

ぷぷっと笑うには

モンスターエンジンの

「神様コント」が

おあつらえ向きだし。



罰当たりなところは

モニタにお経の父上と

どっこいかもしれません。
Copyright © 2019 実録!ミスアラサーOLの日々. all rights reserved.