FC2ブログ
チョコとお猪口と、ときどき仕事。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遊ぶろぐ
先日、このブログに

おおさか遊ぶろぐ」という

クチコミ情報サイトさんから

コメントをいただきまして。



面白そうだったので

このブログを

登録させていただいたところ、

サイトオープンキャンペーンの

プレゼント企画に当選して

コレいただいちゃいました

IMG_4778.jpg

ユニバーサルスタジオジャパンの

ペアチケットっ



もう一度

マジカルスターライトパレードが

見たいなぁと思っていたので、

ありがたく頂戴しましたっ



そうそう。前回は、

社内報の取材も兼ねての

入園だったんですが、

佐吉の書いた記事が

先月社員に配布された

広報誌に

無事掲載されてました。

IMG_4292.jpg



出稿締め切り当日に

慌てて持ち込んだんですが、

載ってるってことは

なんとか間に合った証。

きわどく任務完了です☆



文章の拙さは

写真でカバー(笑)

(レイアウトは全部

 編集部のおぢさまです)



記事の内容は

こんな感じ。

世界一の輝き in USJ
SP_title.gif

この春、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに、開業後初となるナイトパレードが誕生!早速楽しんできました。

flower.gif3月上旬とは思えないぽかぽか陽気。日中は上着なしで過ごせるほど。
パレードの登場にあわせて、パーク内には一足早く春が訪れて、色とりどりの花が新アトラクションの登場をお祝いしているようでした。

パレードでは、「不思議の国のアリス」「アラビアンナイト」「シンデレラ」と、誰もがよく知っている3つのお伽話が描かれます。新パレードは、日没後。ですが、今パークでは、ナイトパレードの誕生を記念して、この3つの物語をモチーフにしたスイーツやお食事メニューが盛りだくさん!グッズ売り場もオリジナルデザインのお土産がずらり。「食べ歩き」「見て歩き」で、昼間もパレードの雰囲気をたっぷり楽しむことができます。

この日私たちが食べた新メニューをご紹介。

  • food1.jpgカラフルな花に負けず劣らず
    カラフルでキュートな
    『トゥインクル・ストロベリー
    チュリトス』

    定番チュリトスに春らしい甘いピンクの新フレーバーが新しく登場。


  • food2.jpgランチには、パレードで描かれる
    「アラビアン・ナイト」の
    世界から生まれた
    『マジカル・アラビアンセット』



  • food3.jpg食後のデザートには、
    同じく「アラビアン・ナイト」から
    『空飛ぶじゅうたんと
    魔法のモスクムース』



日が暮れてくると、パレードエリアにはパーク中のゲストがぞくぞくと集まってきます。パークの照明が落とされ一帯が闇に包まれると、いよいよ光り輝くお伽話、USJ初のイルミネーションパレードの幕開けです。
ファンタジックな音楽に合わせて、遠くにチラチラと垣間見えていた光が、目の前に迫ってくると、思わず「でっかい!」「うわぁ!」とゲストから歓声が。

palade01.jpgパレードの先頭は、みんなが大好きなエルモ、スヌーピー、キティのフロート(山車)ですが、これが思わず口を開けて見上げてしまうほど大きい!

大人気の看板キャラクターに導かれて、そのあとも高さ5メートル級のものが次々と現れます。全部で37台あるこのフロート、最大のものは、なんと約8メートル!



palade02.jpg

palade03.jpg

palade04.jpg

palade05.jpg

palade06.jpg

palade07.jpg


このド迫力がマジカルスターライトパレードの一番の魅力。私たちの視界いっぱいに光の世界が広がり、お伽話の中に飛び込んだ気分にさせてくれます。色とりどりのキラキラをまとうフロートと、約100人のエンターテイナーが繰り広げるパレードショーに、子どもも大人もただうっとり。100万個を超えると言われるLED(発光ダイオード)に包まれた、音と光あふれる、なんともゼイタクな絵本は一見の価値あり!

春の夜のきらびやかな夢を、ぜひ皆さんも体験しにお出かけください。


この記事を読んだ方々から

「東のパレードと、

 どっちがよかった?」

という質問を

何度もいただきましたが

それぞれの魅力が

あって、

どちらも佐吉は

好きですよ



さて、

いただいたチケットで

今度の水曜日に

出かけようと

思っていたんですけど、

週間天気予報では

あいにくの...



その次の土曜日は

晴れますように



スポンサーサイト
天然モノ
うなぎしかり、

野球グラウンドの芝しかり。



そして...

セブンフラワーズ

コレも。

フレグランス



ビバ☆天然っです。



たまには

野球以外の話も

書いておかないと、

ブログタイトルに

「OL」とあるのに

ただのおっさん日記や

ないかいな!?

ねぇ?



というわけで、

さて。

佐吉が3年半

毎日愛用しているのは、

ロクシタンという

おフランスの

化粧品メーカーが

2005年冬に

およそ1ヶ月半だけの

期間超限定で

販売していた

《セブンフラワーズ

  オードパフューム》



たまたま店の前を

通りがかったときに

気まぐれに

くんくんと香りを

吸い込んだところ...



ビビビっ!!



ヒトメボレならぬ

ヒトカギボレ☆



花の瑞々しい

香りの中から

ほわ?っと控えめに

漂う甘さ。



コレ!コレコレ!

そうか。

佐吉はこういうのを

探してたんや!



初めて自分の

香水の好みを認識した

瞬間でした。



ちなみに

《セブンフラワーズ》が

リリースされたときの、

キャッチコピーが

実にファンタジック。

「流れ星から生まれた花」をイメージして作られたこの冬だけの貴重な香り。繊細で香り高い7種類の天然の花々から抽出した香りのブーケが甘く、やさしく包み込みます。


佐吉の脳裏には

なんとなく

『星の王子様』の

ワンシーンが

浮かびましたよ。



《セブンフラワーズ》に

出会うまでは、

ブルガリの

《ブルガリ

 プールファム》とか

グッチの《エンヴィ》

とかつけてました。



当時、

2?3ヶ月に1回

父上が出張でアジアを

ぐるぐるしていて、

国際線に乗るたび

免税品の香水を

母上に買って帰って

きてたんです。

中でも

ブルガリの小瓶のセットが

定番でして、

そのうちのいくつかを

母上が佐吉におすそ分け

してくれていたので、

佐吉は時々それを

つけていたんですけど、

なんだかなぁ、

しっくりこない。

あるからつけとこか。

でも、なんか

佐吉からこの香りが

漂うのは、

とっても不自然だなぁ...

って違和感が。



あくまで主観的な

意見ですが、

ブルガリやグッチは

とっても都会的で、

洗練されていて、

シャープな香り。



やっぱり毎日

パンツスーツを

すっきりかっこよく

はきこなし、

颯爽と早足で

オフィス街を歩く

キャリアウーマンな

イメージなんですよね。



ちなみにシャネルは、

香りの「圧力」

とでも言おうか、

濃厚で重厚で...。



女性の色香とか妖艶とか

そういうのを全面的に

主張するので、

さらに佐吉とは

かけ離れた存在。

(数年前に

 《ココ・マドモアゼル》

 いただきましたが、

 一吹きしたっきり

 仕舞い込んだ

 ままです^^;)



こういう

海外有名ブランドものの

香り立ちの強さは

人工香料ブレンドが

多いからなんだそうで。



ロクシタンは、

フレグランス

ほとんどが

天然香料をベースに

製造されてるんだって。



もちろんどちらも

長所・短所があるので

(たとえば

 人工香料の方が

 香り長持ちだし☆)

好みの問題ですが、

佐吉には

香り立ちの柔らかい

天然モノの方が

性に合ってる

みたいです。



ロクシタンのほか、

ラルチザン、

アニックグタールなどの

フレグランス

天然香料好きには

オススメだと、

京都伊勢丹のおねえさんが

教えていただいたことが

あります。



で。

その《セブンフラワーズ》

ですが、

ヒトカギボレして

その場ですぐ購入。

翌日さっそく

ワンプッシュ!



むほぉ?ヽ(*´▽`)ノ



1日に何度も

自分の手首を

くんくん嗅いでは

うっとり...(馬鹿)



とうとう

その日、もう一度

お店に行って

さらに1本、追加で

お買い上げしてしまった程

この香りに

入れあげてしまいました。



あれから3年...



すでに1本目は

使い切り、

2本目に突入。

もうあとがないとなると、

とっても惜しくて

使用量がかなり

ケチくさくなった

今日この頃。



かといって、

もったいないからと

使わずに置いといても

香りが

劣化していくだけ...



うむ。

後釜を

探さなければっ!



実は1年くらい前から

デパートへ

買い物に行く度、

いろんなフレグランス

試しているんですが

全然ピンとこない。



レイジースーザンの

《アントニアズフラワーズ》

には、

目が丸くなるほどの

感動を覚えましたが。



すれ違う人が「ブーケを持っているのは誰?」と錯覚するほどの自然な香りが魅力です。




という謳い文句は

ダテじゃないっ!

ホントに花束を

そのまま瓶に

閉じ込めたんじゃないかと

思うくらいの

瑞々しさ!!

しかも相当ゴージャスな

花束ですよ。



また1日中

ずっと手首を

くんくんするであろう

素敵な香りですが...



...



お値段もゴージャスっ☆

たしかパルファムで

¥21,000也。

(アントニアズフラワーズは

 トワレもあります。)



いつの日か、

誰かがプレゼント

してくれることを

夢見つつ...



他をあたることに。



そして、先月。

とうとう買いました。

コレ。

ジャスミン

ロクシタン

《ジャスミン

 オードパルファム》



ジャスミンの芳香が時を刻むように、ゆったりと時が流れる南仏のガーデンを想わせる甘美なオードパルファム。


『5月のガーデンの香り』

なんだそうです。

《セブンフラワーズ》より

甘みが控えめ、

すっきりした香り。



5月のお庭?

うーん...

もう6月も下旬ですが(汗)

清涼感があって、

さわやかなので、

今夏いっぱい

活躍してもらおう♪



明日、満を持して??

デビューさせようと

目論んでます。
Copyright © 2019 実録!ミスアラサーOLの日々. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。