FC2ブログ
チョコとお猪口と、ときどき仕事。
おとなのUSJ<1> -アトラクション編-
というわけで、

あらためまして。



週間天気予報を

見事に裏切る

カラ梅雨っぷりの

水曜日、

母上と一緒に

ユニバーサルスタジオジャパン

1日遊んできました

090624usj03.jpg

↑佐吉母、

 ただいま前歯を

 虫歯治療中につき、

 を向けても

 口をぎゅっと

 一文字に結んで

 決して笑いません



母上と一緒に

テーマパークへ

出かけるのは、

今年2月のTDRに続いて

2度目。



コースター系はもちろん、

揺れたり、

目の前の状況が

めまぐるしく変わるライドは

ダメだということが

よっくわかったので、

今回は、ショーを中心に

回ることに。



佐吉自身は、

たとえばネプリーグなんて

見てると、

すんごいワクワクして

これ佐吉もやってみたい!

...って思うんで、

《ハリウッドドリーム

 ザ・ライド》とか

《スパイダーマン

 ザ・ライド》を

「おあずけ」するのは

ちょっぴり

寂しいんですけどね



で、この日まず最初に

楽しんだのはコレ!

090624usj05.jpg

090624usj04.jpg

《ユニバーサル・モンスター

 ライブ・ロックンロールショー》

佐吉はこのショーが

大好きで、

USJのハズせない

アトラクションの一つ。



USJには、

関西在住のUSJファンが、

ゲストのみなさんに

胸を張って

オススメしたくなっちゃう

2大名物キャラが

お二方いらっしゃいますが、

そのお一人が

こちらのシアターに

お住まい(?)の

DJ、ビートルジュース☆

最初は

おどろおどろしいステージに

「こんなとこで

 何すんの?」と

眉をひそめていた

母上ですが、

ビートルジュース氏の

軽妙なトークに

声を出して笑い、

手拍子もノリノリで

楽しんでました



フランケンシュタインに

狼男、ドラキュラという

おなじみのモンスターが

歌い踊るナンバーは、

リッキーマーティンの

『Livin' La Vida Loca』や

(郷ひろみが

 『GOLDFINGER'99』の

 タイトルでカヴァーして

 有名になりましたよね)

ボン・ジョビに

『ヤングマン』まで、

これまたおなじみの

楽曲ばかり。



「いや?、

 今日ここ来るの

 ちょっと腰重かったけど、

 コレ面白かったわぁ♪」

母上、すっかり

ビートルジュース氏に

ハート鷲づかみ

されてました(笑)

母上のテンションが

想像以上にアップして

佐吉もますます

楽しくなってきました。



次に訪れたのは

スヌーピー・スタジオ。

《ペパーミント・パティの

 スタント・スライド》へ。

これは佐吉も初体験。

いわゆるウォータースライダー

なんですが、

とにかく夏日で

暑かったので、

涼みにやってきました。

コースターがダメでも

コレなら母上、

大丈夫なんじゃないかい?



「なんか怖いわぁ。

 スピード出るんちゃうの?」

「アンタ、絶対前な!」

(このアトラクションは

 2人乗りボートに

 ペアで前後に

 乗り込むのです)

...と、前後に並ぶ

ちっちゃな

ぼっちゃん、じょうちゃんより

ビビっていた

佐吉母ですが...???



「キャア?!

 キャア?!

 滑るぅ?!」



バッチャーンっ



「...あれ?

 もう終わり?」



デートで訪れた

カップルの女の子の

ぶりっ子調の悲鳴で

さんざんはしゃいだ後、

ケロリとしてました

うん、まぁ

楽しかったなら

何よりです☆



年と現実を

しばし忘れて、

きゃっきゃと騒いだあとは、

のほほんとしたショーを

のんびり楽しんで、

ちょっぴり落ち着きましょう。



ということで、コチラ。

090624usj06.jpg

090624usj07.jpg

090624usj08.jpg

ランド・オブ・オズにある

『魔法の果樹園』で

繰り広げられる

アニマルショー、

《トト&フレンズ》。

これはもう、

誰と一緒に来ても

楽しめちゃう

鉄板ショー

子どもからおとなまで、

老若男女

みんな笑顔になってしまう

愛らしくて芸達者な

動物たちに

胸キュンです



「いやっ

 ワンちゃんや

「いやっ

 ブタちゃんや



母上のリアクションも

上々でした



軽食で小腹を満たしたら、

ラグーンへ。



今回、入場パスを

おおさか遊ぶろぐサンに

いただいたので、

その分ちょっぴり

奮発しようと思いまして、

入場前にこんなものを

買ってました。

090624usj09.jpg

チェックインパスと言って、

特設されている

有料観覧席で、

ショーを堪能するための

パスです。

お一人様¥700也。



ラグーンに設置された

ショーベースの真正面に

どっかり座り込んで、

待つこと20分。



ラグーンの上高く広がる

夏空を、

悠々と舞うように飛ぶ

ピーターパンに

うっとり見とれてしまう

屋外ミュージカルショー、

《ピーターパンの

 ネバーランド》が

開演です。

090624usj10.jpg

090624usj14.jpg

090624usj12.jpg

佐吉、

夜の《ネバーランド》は

何度か見たことが

あるのですが、

この春から

データイムショーに

なったんですね。



これまでは、

ショーベースを

遠目に見ながら、

夜空に打ちあげられる

花火や、

暗闇のラグーンに浮かぶ

幻想的な光に包まれた

ショーベースの雰囲気を

楽しんでいたのですが、

有料観覧席から

じっくりとストーリーを

楽しむのは

これがはじめて。



ウェンディの

澄んだ歌声。

タイガーリリーと

その仲間たちの

リズミカルな踊り。

ティンカーベルの

一途な思い。



クライマックス、

ウェンディの娘、

ジェーンと一緒に、

再び空高く舞い上がる

ピーターパンを

眺めながら、

なんだかじーんと

してしまいました。



母上は、

「あれ、何メートル

 くらいやろう?

 怖いやろうなぁ。

 強いなぁ!

 たくましいなぁ!」

...と、

とっても現実的に

感動しておりました



さてさて、お次は

気分をガラリと変えて

近未来の世界へ。

090624usj15.jpg

サイバーダインシステム社に

やってきました。

そう。

ビートルジュースと

双璧をなす、

USJの名物キャラ、

綾小路麗華サマに

会える3Dアトラクション、

《ターミネーター 2:3-D》

です。

090624usj16.jpg



真っ赤なルージュに

真っ赤なツーピース。

赤色が似合う女性は

たくさんいますが、

こんなにギンギンの

真っ赤を、

自信満々に着る女性は、

綾小路嬢を置いて

他にいないはず(笑)



お決まりのネタ

「どこから来たのかしら?」で

いじってもらえない

佐吉たち関西人は

毎度ちょっぴり

寂しいのですが。



強烈な女王様キャラに

こんなにも

惹かれてしまう佐吉は、

Mの気があるのでしょうか?



3Dとスタントアクションの

見事な融合は

もちろん見ごたえが

あるのですが、

090624usj17.jpg

一度でいいから

綾小路麗華単独ライブを

開催してほしいと

思うのです。



ちなみに母上、

「あれだけの

 話術があれば...」

どうやら夫婦喧嘩で

いっぺんスパっと

気持ちよく勝利を

収めたいようです



090624usj18.jpg

再び

スヌーピー・スタジオへ

戻ってきた佐吉母娘。

今度のお目当ては、

《スムーピーの

 グレートレース》

大人気のキャラクター

スヌーピーが

メガホンをとる

映画に出演しちゃおう!



スタジオの中を

滑走するコースター。

子ども向けの

かわいらしいアトラクションと

あなどるなかれ!



年間パスホルダーの

ミキティが、

このコースターの魅力を

佐吉に伝授

してくれたのですが、

室内コースターなので、

スタジオの中の

映画セットが

間近に迫ってくるので

スリリング!

実際の速度よりも

体感スピードが増して

感じられるので、

おとなが乗っても

十二分に楽しめちゃう

アトラクションなのです。



とはいえ、

滑走中の高低差は

そんなに大きくなく、

コースターが苦手な母上も

これなら楽しく

乗れるんじゃないかと

踏んだ佐吉。

これは大当たりでした



「ひゃあ?っ!」

「ほーぅっ!」



右へ、左へ、

カーブするたびに

歓声をあげて

喜んでくれてました



スタジオを出る頃には、

ずいぶんと日が

傾いて、

じわじわと暮れてきたので、

ティータイムと

ちょっぴり早い夕飯を兼ねて

軽食を取った後、

この日のメインイベント

《マジカルスターライト

 パレード》を観るべく

ハリウッドエリアの

メインストリートへ出ます。



このパレードも、

有料観覧エリアに入れる

チェックインパスを

ゲットしていたので、

ステージ 22の前の

専用エリアでスタンバイ。



『不思議の国のアリス』

『アラジンと

 魔法のランプ』

『シンデレラ』



3つのおとぎばなしに

それぞれ

"イマジネーション"

"アドベンチャー"

"ロマンス"

3つの夢を掲げた

イルミネションパレードを

エスコートするのは、

みんなが大好き

エルモ、キティ、

スヌーピーの3人。

090624usj19.jpg

090624usj20.jpg



世界一を謳うフロートは

何度観ても

圧巻です。



佐吉の

お気に入りフロートは

コチラ。

(今回佐吉は

 パレードの動画記録に

 夢中だったため、

 以下の写真は

 3月に撮影したときの

 ものです。)




090624usj26.jpg

《アリス》より、

懐中時計を手に

「遅れちゃう?っ」と慌てる

ウサギ。



090624usj21.jpg

090624usj22.jpg

アラビアの

女性ダンサーを乗せた象。

このピンクに

メロメロです。

ド派手なピンクなのに

いやらしくない。

とってもキュートに

鮮やかな色を

まとっています。



090624usj23.jpg

《シンデレラ》より、

かぼちゃの馬車。

大きな車輪には

物語のワンシーンが

アニメーションで

映し出されます。



090624usj24.jpg

090624usj25.jpg

そして最後がこちら。

《シンデレラ》より

お城の時計台。

針と針が合わさると

鐘の音が響き、

魔法が解ける時間を

告げます。

それは、光り輝く

このゴージャスな

夢の絵本の

クライマックスを告げる

音でもあります。



「皆さんの愛が

 もっともっと

 輝きますように!」

...という祈りとともに

登場する、

キラキラのハートを

浮かべたフロートが

夢いっぱいの

絵本を綴じて、

パレードは

締めくくられます。



うーん、今度は

ぜひぜひ

ステキな殿方と

あの鐘の音を

聞きたいです^^;



以上、年齢を足すと

90弱の

母娘コンビが楽しむ

ユニバーサルスタジオジャパン

-アトラクション編-

でした







おとなのUSJ

<2>フード編

<3>散策編

<4>おみやげ編

...に続く。はず。



Special Thanks
-おおさか遊ぶろぐ-サマ
スポンサーサイト



Copyright © 2019 実録!ミスアラサーOLの日々. all rights reserved.