FC2ブログ
チョコとお猪口と、ときどき仕事。
ばいばい、またね。
今日もいいお天気でした。



朝、歯医者へ行こうと

表へ出たら、

もこもこインナー付きの

コートじゃ

暑いくらいで、

思わず歯科医院まで

ジョギングしてしまいました。

(佐吉なりの小踊り表現です)



こんな陽気の日は、

殺風景な佐吉家の冬の庭でも

ひなたぼっこに

ぴったりです。

だけど、今日は

タマはやってきません。



ケガが治って退院したら、

佐吉家の一員として

迎え入れてやろうと、

母にお願いするつもりでした。



人に慣れてくれたら、

今日みたいな日に

一緒にひなたぼっこしたり。

和むだろうな。



だけど、残念ながら

それはかないませんでした。



バカにならない治療費に

びっくりしながらも、

とりあえずもう一晩

治療を続けてもらおうと

考えていた昨日の夕方、

病院の先生から

連絡が入りました。



「全身の痙攣が始まりました。

 もう最期だと思います」



一時の瀕死状態から脱して

昼間はずいぶん


落ち着いていたようなのですが

やはり頭を強く

打っていたのが

悪かったみたいで、

佐吉家の庭よりも

ずっとずっとぽかぽか太陽に

近いところへ

行ってしまいました。



ノラだということは

最初に伝えてあったので

「こちらで看取って、

 処置しておきますね。」

と、先生は

おっしゃってくださいました。



息を引き取った姿を見たら、

ますます感情移入しちゃって

つらいだろうし、

そのあと亡骸を引き取っても

どうしてあげていいのか

わからなかったので、

全部お願いしました。



4万円以上かかった費用も

ノラちゃんだから

病院が半分負担します、と。



やさしい先生でよかったと

家族で感謝しました。



話を聞いたご近所サンが、

マンションの裏のお家が

ときどきゴハンを

あげてたよ、と

教えてくださったので、

母がタマの最期を

伝えに伺ったら、

タマを偲んで、

それから母をねぎらって

お礼まで

言ってくださったとか。

それから、

治療費も半分出しますと。



タマ、

アイドルだったんですね。

決して触れさせては

くれなかったけど、

やわらかそうな、

綺麗な毛並みだったもんね。



もし、また生まれ変わったら

今度はツンツンしないで

人に媚びることを覚えて

やさしい人に、

あったかい部屋の中で

大事に飼ってもらうんだよ。



それから

機会があれば、

また佐吉家の庭で

まったりひなたぼっこ

しにおいで☆
スポンサーサイト



Copyright © 2019 実録!ミスアラサーOLの日々. all rights reserved.