FC2ブログ
チョコとお猪口と、ときどき仕事。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝は朝礼当番でした
これをネタにしました。

ソフトバンクに“漁夫の利”批判 ウィルコム再建の足かせ
2010.2.18 21:22

 国内で唯一PHSを手がけるウィルコムが、昨年9月に私的整理のひとつである事業再生ADR(裁判外紛争解決)手続きに入って以来、約5カ月の迷走を経て、法的整理に追い込まれた。しかも、“漁夫の利”で勢力を拡大しようとするソフトバンクを、官民共同出資の「企業再生支援機構」が手助けするという構図を疑問視する声は多く、再建の行方は不透明だ。...続きを読む

──SankeiBizより引用


佐吉はウィルコムの

スマートフォン

アドエス機を

愛用しているもので、

関連ニュースは

結構高い関心を持って

チェックしてます。

ウィルコムの

台所事情を逼迫させた

XGP事業。



佐吉は、

Willcom CORE XGPが

関西でサービスを開始したら

いの一番に加入しようと

思ってました。



ノートPCも

買ったことだし、

XGPの

上下最大20Mbpsっていう

通信速度は

かなり魅力的。

近い将来、

エリアカバー率が

PHSや携帯並みになれば

月額4,380円っていうのは

佐吉には

ノリノリな条件なんですよ。



事業再生ADRによる

再建をめざす、と

報じられたときは、

これでなんとか

なればいいなぁと

思ってたんですけどね。



昨年4月には

すでに大阪での技術検証計画が

発表されてましたし、

9月下旬には

ADR手続きの開始と同時に、

XGP東京一部区域の

サービスを

スタートさせる旨

リリースされました。

今月に入ってから、

阪神電鉄の協力のもと

沿線区域における

XGP通信の実験結果を発表。



じわじわと

実用化の足音が

関西にも近づいてきたなぁと

とっても期待してました。



更正法申請前から

再建にあたっては、

PHS事業とXGP事業を

分社し、

XGP事業社は

ソフトバンクが支援すると

報道されてましたね。



第一報を聞いたときは

「ソフトバンクめ、

 やりおったな。」と

思って見てました。



佐吉としては、

「事業分割する」と

いうこと、

XGPの方を牛耳るのが

ソフトバンクである、

という2点、

どちらとも大いに

不満なわけです。



2.5GHz帯の免許申請した折、

ウィルコムと競ってたのは

アッカとドコモと...

他どこがありましたっけ?

えーっと...



あ。あった、あった。

これこれ。



2.5GHz帯は誰の手に──WiMAX陣営3社がそろって免許申請
2007.10.11 12:19

締め切りを翌日に控えた10月11日、オープンワイヤレスネットワーク、ワイヤレスブロードバンド企画、アッカ・ワイヤレスの3社が高速無線通信規格に割り当てが予定されている2.5GHz帯への認定申請を行った。ウィルコムを含め4社の申請が出そろった。

オープンワイヤレスネットワーク、ワイヤレスブロードバンド企画、アッカ・ワイヤレスの3社は10月11日、関東総合通信局に次世代高速無線の基地局開設計画に関する申請を行った。申請期間は10月12日まで。

2.5GHz帯を利用した次世代高速無線免許の割り当てについては、総務省が既存の3Gキャリアの単独申請を認めず、参入する場合は出資比率3分の1以下の会社経由としたことで、合従連衡が行われ、その結果携帯電話キャリアは3陣営に分かれて免許を申請することになった。...続きを読む

──ITmedia +Dより引用




そうそう、

ソフトバンクはこのとき

オープンワイヤレスネットワークに

出資して

エントリーしてたんでした。



ウィルコムが

2.5GHz帯を

勝ち取ったときは、

ソフトバンクめ、

ざまぁみろって

ちょっと思ってました^^;



いや、別に

個人的恨みがあるわけでは

ないのですが、

ソフトバンクって

会社のカラーが

いけすかないんですよ。



理屈じゃないです。

生理的にダメなんです。



スポーツで言うなら、

サッカーより野球。



野球で言うなら、

巨人より阪神。



MSとアップルなら、

アップル。



SONYとPanasonicなら

Panasonic。



宇宙開発機構なら

NASAじゃなくてJAXA。



ニュアンス、

伝わりますかねぇ?



要は硬派だとか

朴訥だとかっていう

キャラの方が

好みなんです。

あくまでとっても主観的な

イメージですけど。



野球にたとえるなら

「勝ちたいんやったら

 あちこちの4番を

 お金配って

 集めたらいいじゃん?」

...っていう

どこぞの球団と

通ずるものがあるんです。

(最近は、

 うまいこと若手を

 育ててますけどね)

もしくは、

ナベ○ネさんが

そのどこぞの球団の

シーズン成績によって

「プレイオフ反対!」

だの

「プレイオフ賛成!」

だの

コロッコロと

主張を変えるのと

共通する香りが

ただようんですよね、

ソフトバンクって会社は。



いつも世界の中心で

ちやほやされてたーい♪

...っていう。



ほしいものは

全部手に入らなくっちゃ

やだーっ!

...っていう。



隣の家の芝が

自分とこより青いなんて

生意気!

許せない!

...っていう。



でもね、

地道に積み上げていく...

みたいなスタイルは

あんまり好みじゃないんですよ。

お金なら出すからさ、

それちょうだい。

ちょうだいよ。

だってほしいんだもん。



...みたいな。



あ、ずいぶん話が

それましたね。



んでもって、

スミマセンね。

悪口ばっか、ぽんぽんと。



別にソフトバンクの

携帯ユーザーさんを

斜に構えて

見てるわけじゃ

ないんですよ。



あくまで企業に対する

主観的イメージです。



今回「漁夫の利」なんて

世論の声に対して

ソフトバンク社は

じっと黙って

こらえています。

きっとじりじりいらいら

してると思いますが、

そこで

「なんでぇ、なんでぇ。

 せっかく

 支援してやるって

 言ってやってんのにさ。

 そんな風に

 とられたんじゃ

 心外だよ。

 いいよ、

 そんなこと言うんだったら

 もうやめた!

 業界のためにもなるかって

 一肌脱いでやろうって

 言ってんのに、

 身銭切ってさぁ、

 そんなこと言われてまで

 助けてやる必要ないじゃん。

 勝手にすれば?」

...とは

言わないわけです。

実際に手を引くかどうかは

別にして、

駆け引きとして

そういう姿勢をみせても

おかしくはないと

思うんですけど、

黙りこくってます。



もう何が何でも

是が非でも

ほしいはずなんです、

XGP事業が。

2年前に取り逃がした魚は

大きい。




再生機構が出資を

とりやめて、

予定より大幅に

負担が増えたとしても、

最終的には

手を引かないと

佐吉は思ってます。



だから、

一応まじめに

税金を納めている

一国民として

言わせてもらえば、

今回の再建で

XGP事業社に

再生機構がお金出すのは

大反対です。



2事業まとめて

再生機構が面倒を見ること。

それができないのなら

XGP事業は

民間=ソフトバンクに

まかせればいいんです。

やるっつってんですから。



iPhoneに続いて

XGPまで持ってかれちゃうのは

納得いかないけど、

ソフトバンクが

税金使って

ラクに事業拡大するのは

もっと、やだ。



ま、とりあえず。

XGPの全国実用化、

2012年度末で

カバー率91%って計画は、

未達に終わりそうだな。

がっかり。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2019 実録!ミスアラサーOLの日々. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。